第0話 ナンパをする理由(後編)

ラストです。

yukimasa1801.hatenablog.com

 

 

年が明けて2015年。<28歳→29歳>

 

紹介や合コンの誘いがバンバン来るようになりました。

友人たちからすると、人畜無害な俺は紹介しやすい恰好のネタだったようです。

 

それらには応じるようにしていましたが、なぜか虚しくなるばかり。

 

そこで、全ての誘いを一度シャットダウンして考える時間を設けることにしました。

 

 

そんな折、2015年10月。<29歳>

 

中編で登場した友人H君と久々に会ったら、

本気でナンパに取り組むため、

HNSに入塾したことを知らせてくれます。

 

moezox.hatenablog.com

 

記事にある通り、彼のことを応援。

しかし、この時点ではあらゆる出会いを断っていたので、

「今からHUBで一緒にナンパしようZE!」と誘われても断る始末。

 

ナンパに目覚めるには、もう少し月日を要します。

 

 

そして、2016年。<29歳→30歳>

 

人との交わりを断ったことで、時間ができました。色々と考えます。

 

仕事については、当初の目的を達することができた。

20代という時間を全て使ってしまったが、それを差し引いても、後悔はない。

 

しかし、もし自分の人生が残り1年だとしたら、10年だとしたら・・・

限られた時間の中で、やり残したことは何か?

 

 

ナンパと関係があることに限定すると、3つありました。

 

 

1つ目は、聖のような存在を、本気になれる存在を、もう1度見つけること。

 

自分の場合、紹介、合コンのような出会いでは心が動かなかった。

何と言うか、既製品のように感じてしまった。

 

市販されているテトリスをやっても味気なかったけど、

自分でプログラミングして作ったテトリスには感動した。

 

そんな感じ。 

 

 

そして、2つ目。

 

 

俺は特殊な癖の持ち主だ。

 

裸を見るよりも、メイクのビフォーアフターの方が興奮することに始まり、他にも※△%#やらなんやら。

 

共通の知人がいたら最後、白日の下にさらされちゃう。

だから、これまでは全てを出し切れなかった。

この癖を受け入れてくれる子はほぼいないと予想されるため、数を当たることが必要。

 

 

最後に、3つ目。

 

「あなたには、人の気持ちが分からない。」

 

「あなたは他人をモノとして見ている。」

 

一番大切にしていたつもりの女性に、一番言ってほしくなかった女性に、言われてしまったこの言葉。

これがずっと心に引っかかっていた。

人間として、かっこよくなりたかった。

 

 

友人H君のブログをずっと見ていると、ナンパなら3つともクリアできると思いました。

※以前はドライな印象だったのが、人間味が溢れる感じに。ベジータ的な変わりっぷり。(めちゃくちゃ良い意味)

 

 

以上の経緯で、ナンパを始めるに至ります。

 

 

そして、2017年元日。

 

路上で声をかけた子の一人から、こんなメッセージをもらいました。

 

f:id:yukimasa1801:20170102152711j:plain

 

「落ち込んでいたけど、元気になった。」

 

「声をかけてくれてありがとう。」

 

ナンパを始めてから色々なことがあったけど、今回もらった言葉が一番嬉しかった。

 

そうだ、自分はこんな風になりたかったんだ。

 

 

人に対して、ベホマズンをかけられるような男になろうと思います。

 

これが2017年の目標の一つです。