読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディズニーの世界に見るナンパ

ナンパを始めてから女性と話す機会が増えて、ディズニーを好きな子って多いんだな、と改めて思います。

自分はあのメルヘンな感じが苦手で避けてきたんですが、全く分からないのもどうかと思い直して、主要作品だけはインプットしているところ。

 

そして、ふと気づいた。

ディズニーの世界では、ナンパが普通に行われている。

 

例えば、「眠りと森の美女」でのワンシーン。

森の中でオーロラ姫の美しい歌声を聞きつけた王子様は、嫌がる愛馬をカラスムギとニンジンで買収して、彼女の元に向かいます。

 

たどり着いた先には、森の動物たちと踊る美しいオーロラ姫の姿が。

それを茂みからのぞき見て、不敵な笑みを浮かべる王子。

ここで終わるなら普通の男ですが、彼は止まりません。

 

なんと、王子は気づかれぬように姫の背後に回り込みます。

そして、次の瞬間。

あろうことか、しれっと腕をつかんで一緒に踊り出します。

 

f:id:yukimasa1801:20161130223957g:plain

この時の姫の表情がなんとも言えない。

 

なかなか強引なナンパです。

 

挙句。

王子「これは失礼。驚かす気はなかった。」

口説きにかかる王子。

 

姫「いえ、あの・・・そうではなくて。ただ、あなたのことを・・・その・・・」

困惑する姫。

 

王子「知らないから?」

知らない子に話しかける。やはりナンパです。

 

姫「ええ。」

というか、いきなり背後から腕をつかまれたら、誰だって驚きます。

 

王子「もう忘れたの?前に会ってるじゃないか。

おお、古典的なフレーズ出ました。

 

姫「え、会ってる?」

王子のホラ吹き疑惑発生。

 

王子「そうだよ。君も言ってたろ。夢で会ったって。

このときの王子のドヤ顔が、ものすごい破壊力です。

もう満腹。トンカツ食った後みたいな気分。

 

 

一歩間違えればヤバい人だけど、堂々と口説く王子。

困惑しながらも、内心では喜ぶ姫。

 

ナンパの観点で見ると、なかなか面白い一コマでした。

 

さ、ナンパしてこよっと。