第30話 勝ちパターン

 

同期塾生のWさんとのコンビナンパで連絡先交換した25歳OLとデート。

 

いつもの自宅近くの焼肉屋へ。

 

女性店員から「こいつ、毎回違う女を連れてくるなー」とゴミでも見るような視線を感じつつ、肉を焼く。

 

音声添削で浮き彫りになった課題を意識して、トーク。

 

1時間でピークエンドして退店。

 

ハンドテスト。成功。

 

そして、自宅へ誘導。

 

会話する際の意識を変えたおかげか、かつてないほどスムーズにできた。

 

 

 

以下、●自分 ○女性

 

●何もない家やけど、挽きたてのコーヒーくらい出すべ。

 

○わーい。

 

 

 

途中コンビニへ。ピッ。ジョー・・・。

 

 

 

ちょwwwww家で淹れるんじゃないのかwwwww

 

突っ込んでくれて気持ちいい。

 

部屋に入ってすぐ、童貞コンボ君モード全開でパコパコ。

 

ほっそりとした長身の子で、身体の相性が最高に良かった。

 

なお、コーヒーでのやりとりでも分かる通り、アルコールの力は一切使っていない。

 

これは自分が体質的に飲めないというのもあるのだけど。

 

また、「お前のことが好き」みたいな色恋も使っていない。

 

むしろ、「俺はロクでもない奴」と伝えている。

 

それでも、この子とは次回以降のアポが既に入っている。

 

ナンパを始めてちょうど3カ月。抱いた人数では、通算4人目。

 

自宅近辺でのアポについては勝ちパターンが確立してきた。

 

今後はカラオケ、マンガ喫茶、ラブホ等、他のパターンでの成果も目指していこう。

 

【本日の記録】

ナンパ活動時間:4時間
声かけ数:10

アポ:1

ゲット:1(準即)

使用金額:5,060円(焼肉代)

 

【10月の記録通算】

声掛け数:208

LINEゲット数:2
連れ出し数:2

アポ:1

ゲット:1(準即)