読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第29話 ついに即日セクロス達成! と思いきや、まさかの帰られちゃう、の巻

 

10月に入ってからパタッと連れ出しができなくなった理由をずっと考えていた。

 

そして、出た結論。

 

悪い意味でルーティンになってしまっている。

 

初期の高揚感に満ちた勢いがない。

 

「熱量」がなく、この男と一緒にいても楽しそうじゃない、と言えばいいかもしれない。

 

・前回の全体講習で先輩塾生がやってくれた声かけロールプレイングの動画

 

・10月中旬に撮影してもらった自分の声かけ動画

 

この2つを見比べると、明らかに「熱量」が違う。

 

先輩塾生の声かけは、動画で見ていても、ぐわっとくる何かがある。

 

という訳で、今日はその仮説のもと、声かけ。

 

自分ではやりすぎかな、不自然かなと思うくらい、明るく強い声トーンと楽しそうな表情を心がけた。

 

反応が明らかに違う。

 

そして不思議なことに、本当に楽しくなってくる。

 

5声かけ目で28歳OLを焼き鳥屋に連れ出し。

 

師にデートの音声の添削をしてもらい、課題が明確になったので、そこを重点的に意識して会話を展開。

 

退店後、すぐにハンドテスト。成功。

 

 

 

そしてついに、綱引きすることなくラブホイン!

いや正確には、生理だから、と言われたけど聞き流しました

 

 

 

添削してもらったアポ音声は30分以上あり、添削にはその倍以上の時間を要したはず。

 

一瞬一瞬を真剣に生きている方に時間を割いてもらうのって、個人的にはすごく心苦しいです。

 

だから、師にはただお礼を言うのではなくて、「結果」という形で返したかった。

 

遂に・・・遂にやったか・・・!

 

と思ったのも束の間、部屋に入ってから、「生理2日目なの、だから本当に無理」と言われてしまう。

 

あれ、こういう場合の崩し方ってあったっけ???

 

困った。

 

とりあえず頭に浮かんだのは

 

①この純白のケーキ(ベッド)をいちごソースで一緒に染めよう。

だめだ、キモすぎる。

 

②俺も今日、男の子の日やねん。2日目。

滑ってる。

 

③むしろ、生理の子としか俺はセクロスしない。

ただの変態だ。

 

 

 

お手上げ!からの、しばらくフリーズ。

 

 

 

俺は考え出すと沈黙してしまうので、これが女性には急にテンションが下がったように見えたらしい。

 

はい、減点。

 

その後ベッドでごろごろするが、どう対応すればよいか分からない。

 

当然、動作に迷いが生まれる。

 

相手には、それが分かる。

 

「緊張してるでしょ?ぎこちないよ。」と言われ、遂には、「帰ろうかな。」の一言。

 

笑顔で言ってきたので、てっきり冗談かと思って、

 

「どうぞどうぞ。」と返すと、本当に帰る準備を始める。

 

部屋を出る際には、俺の頭をぽんぽん、としながら

 

「経験が足りなかったね、残念でした~。」

 

と言い残して去っていきましたとさ。

 

 

 

ポツーン(´・ω・`)

 

 

 

後半は全く楽しませられなかったなぁ。反省しよう。

 

【本日の記録】

ナンパ活動時間:3時間
声かけ:8

連れ出し:1

使用金額:9,010円(焼き鳥屋、ラブホ代)

 

【10月の記録通算】

声掛け:198

連絡先交換:2
連れ出し:2