デート3連発

 

これまで連絡先を交換した子たちと、3日連続でデート。

 

結論から申し上げると

 

わたくし● 決まり手:すっぽかし ○理学療法士

 

わたくし● 決まり手:嫌です ○エステティシャン

 

わたくし● 決まり手:出会ったばかりだもん ○アパレル店長

 

 

 

人生初のナンパからのデートは、いきなりのすっぽかしからスタート。

 

なんという放置プレイ。

 

 

 

 

デート第2弾は、エステティシャン

 

焼肉を食べて、店の外で手つなぎ打診

 

○はい(手を差し出す)

 

●嫌です(きっぱり)

 

○遠慮すんなって

 

●してません(汚物でも見るような目)

 

ま、すっぽかしに比べたら全然マシですが。

 

それにしても、あの汚物を見るような目での「嫌です」、栞を思い出すぜ・・・

 

f:id:yukimasa1801:20160811014425j:plain

 

 

 

デート第3弾は、アパレル店長

 

家の近所のカフェでなごみ、

 

「ストレス発散できた」

 

というお言葉をいただく。

 

生まれてきた甲斐があった。無職だけど。

 

店を出てすぐに手つなぎ打診、拒否されつつも聞き流して成功。

 

その後は家へ直行するも、マンションの入口で綱引き。

 

●いーもん、じゃあ一人で帰るもん

 

○どうぞどうぞ

 

●え、ほんまに!?

 

というコントを3回繰り返して、

 

「だって、出会ったばかりだもん。やっぱり怪しいよ。」となり解散。 

 

 

 

デート開幕戦はいきなりの3タテでスタート。

 

つづく

 

【3日間の記録】

活動時間:3時間

 

使用金額:7,340円(焼肉代、コーヒー代)

良かったところ:手つなぎ打診、家打診を断られても笑顔を崩さず、相手の態度に左右されなかった。ゲットには至らなかったが、力のすべてを出して思いっきり負けることができた。

 

反省点・改善点:

理学療法士

アポの約束をした後も、だらだらとLINEでやりとりを続けた結果、食いつきが下がった可能性あり。LINEに自信がない現時点では、アポの約束をした後は速やかに切り上げた方が良い。

エステティシャン

手つなぎ打診をした途端、それまでタメ口だったのが急に敬語になり、目つきも鋭くなり、距離を感じた。相手にとって、一緒にいた時間は楽しいものではなく、むしろ苦痛の時間だったのかもしれない。

③アパレル店長

家に連れていく過程で緊張して沈黙気味になってしまい、相手から「どこ行くの?」と聞かれてしまった。自然な流れで持っていけるように。