スカウトマンの声かけに学んでみる

 

スカウトマン:水商売、風俗業等へのあっせんを生業とする、女性の扱いのプロのこと。

 

路上でナンパをする場合、スカウトマンの目の前で女性に声をかけると、彼らの仕事の邪魔をしていることになるので、注意されることがあります。

 

そのため、普段は彼らと距離をとっています。

 

…が、プロフェッショナルである彼らがどんな声かけをしているのかを見るのも勉強になりそう。

 

そのため、今日は気づかれぬように彼らの背後に回って、声かけをコソコソと盗み聞き。

 

 

 

 

f:id:yukimasa1801:20170131013850p:plain

 

 

つくづく、地味な見た目で良かった。

 

概ね、3パターンに分類

 

①オラオラ系

・「ストップ!」等の声かけで、正面から強引に立ち止め。

スマホを差し出して、女性の腕にそれをぶつけながらプレッシャーをかけて(?)、連絡先交換を求める。

 

②褒め系

・「お姉さん、すごくかわいい。」等、ひたすら相手の見た目を褒める声かけ。

・傍から見ると、へりくだっている印象。

 

③ナチュラル系

・「ちょっといいですか?」等の普通の声かけ。

・丁寧な対応。または、仲の良い友達を街で見かけた時のような対応。

 

 

一口にスカウトマンと言っても、各自のスタイルがあって面白いです。

 

そして、客観的に見ていて、上手いなーと感じたのは、③のタイプ。

 

女性の表情が、明らかに楽しそうなんですよ。そして、ナチュラル。

 

一方、①のタイプは「連絡先をよこせ、オラオラ」という嫌な感じがひしひしと伝わってくるし、女性も迷惑そうな顔をしていたので、対照的。

 

また、②のタイプは、ハマる相手にはハマるようですが、褒め慣れている女性であれば「はいはい。またか。」という感じで塩対応。

 

そして、①にしても②にしても、傍から見ると「なんとなく」不自然です。違和感を覚える。

 

この「なんとなく」不自然で違和感があるというのは、致命的だと思います。

 

街で女性に声をかけて一緒にカフェに行く場合も、結局のところ女性は「なんとなく」付いてきてくれるので。

 

まとめとしては、スカウトマンといえども、魔法の言葉をもっている訳ではない。

 

基本は同じで、地道な活動の積み重ねのようです。

 

そして、個人的にはナチュラルな声かけが一番という結論。

 

地味な男って、ナンパに不利なの?

 

残念ながら、僕は地味男。

 

f:id:yukimasa1801:20170125190834p:plain

 

でもナンパを続けてみた実感として、地味属性というのは決して不利ではないです。

 

以下、地味なりの強み。

 

①女性に警戒されにくい

 

「今からナンパしますよー」みたいな雰囲気が出ている状態で、こちらの存在を先に気づかれてしまうと、女性が警戒モードに入ります。

 

そうなると、声をかけても無視される率が上がります。

 

しかし、目立つ男と違って、地味な男はそもそも存在を気づかれないので、それを防ぐことができます。

 

もちろん、声をかけた後も空気みたいな存在だと、これまた無視されるので、声かけ時の立ち位置、アイコンタクト、声トーン等を意識する必要はありますが。

 

②スカウト、キャッチに間違われにくい

 

一人で女性に声をかけると、ほぼ必ず「スカウトでしょ、キャッチでしょ」と言われますが、地味な男であれば、否定すれば身の潔白を信じてもらえます。

 

一方、人によってはいくら否定しても信じてもらえないことがあるらしいので、これも地味なりの強みかと思います。

 

③顔を覚えられない

 

地方都市で目立つナンパを繰り返していると、「あの男、いつもいるなー」という感じで、街の女性に顔を覚えられてしまいます。

 

後は、スカウトやキャッチにマークされたり。

 

でも、地味な男ならその心配がありません。

 

 

以上、ナンパはチャラい人だけの専売特許ではない、というお話でした。

 

コーヒー1杯でも美女は抱ける

 

先週に続いて、街で美女に声をかけて、1時間で抱いてきました。

 

真昼間から声かけ。

 

6声かけ目でカフェに連れ出し。

 

24歳看護師。メイクばっちり。韓国の女優さんにいそうな顔立ち。

 

用意していた話題に関してはど忘れすることがあるので、たまにカンペを見ながら話す。

 

ポンコツならポンコツなりに、それを補った戦い方をするまで。

 

f:id:yukimasa1801:20170119213800p:plain

 

1時間で退店して、例のごとくホテルに直行。

 

「えー?」と言いながらも、素直にホテルの中まで付いてきてくれたのは嬉しかったです。

 

お互いに時間を忘れてロマンチックな行為にふけり、気づいたら5時間もホテルにいたという不思議な体験。

 

美女と過ごす濃密な時間。

 

生まれてきてよかったと思えるひとときでした。

 

最後に、連絡先を聞かれたので教えて解散。最近はスマホは持たずにナンパしてますが、無問題です。

 

 

 

・・・。

 

 

5時間も絡み合っていたので、全身筋肉痛になってしまったのは内緒です。

 

 

・・・。

 

街で美女に声をかけて、コーヒー1杯で1時間後にはもう抱いている。

 

普通に聞けば信じてもらえないかもしれませんが、それは現実にあります。

 

そして、シラフの状態で声をかけてコーヒー1杯で抱ける方が、アルコールの力に頼って抱くよりも、かっこいいんじゃないかと思っています。

 

・・・単に、体質的にアルコールを飲めない僕のひがみですが。笑

 

半年という時間を費やして、ようやくここまで来れました。

 

師匠には、ここまで育ててもらい感謝。ブラザー達には、刺激をもらい感謝。

 

【本日の記録】

活動時間:6時間半

声かけ:6

連絡先交換:1(即日で抱くに含む)

連れ出し:1(即日で抱くに含む)

即日で抱く:1

使用金額:6,300円(カフェ代、ホテル代)

 

初の即日セックス

 

一匹のいもむしが、リンゴの木に住んでいました。  

 

ある嵐の晩、いもむしはリンゴの実ごと吹き飛ばされ、川に落っこちてしまいました。  

 

 

 

いもむしは、リンゴの実に乗ったままどんどん下流へと流されていきました。

 

彼は思いました。

 

「ぼくはきっと、このまま海に流されて、魚か鳥に食べられるか、ひからびて死んでしまうんだろうな。」

 

そう思うと、とても悲しい気持ちになりました。  

 

 

 

「でも、今できることをしよう。今日だけとりあえず、今日だけ生きてみよう。」 

 

そう決めると彼は、自分の乗っかっているリンゴの実を少しずつ、少しずつかじり始めました。

 

リンゴの船が転覆しないように、バランスをとりながら、ゆっくりと。  

 

 

 

やがてリンゴの実は皮一枚残すだけとなりました。

 

あとひとかじりしたらきっと穴が開いて、リンゴの船は沈んでしまうでしょう。

 

いもむしは思いました。  

 

「もう、ぼくにできることはないな。もう、やれることはやったよ。」

 

そうつぶやくと、じっとして動かなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

数日が過ぎて、そのリンゴの船から、一匹の美しいちょうが飛び立ちました。

 

グリム童話より)

 

 

 

度々登場しているHNS同期塾生Wさんが遠征でいらっしゃったので、合流。

 

相変わらず若い。すごいオーラ。

 

いつもはコンビを組ませてもらっているが、今日は街に人があまりいない。

 

そのため、しゃべりながら移動して、それぞれ気になる女性がいたら、声かけに行く方式にした。

 

 

3声かけ目。

 

フランス人形みたいな顔をした子が、カツカツとヒールを鳴らしながら歩いている。

 

大きな買い物袋を持っていたので、それにつっこみを入れる形で声かけ。

 

買い物袋を持っている子に対しては、最近パターンが出来上がっている。うまくはまった。

 

カフェバーに連れ出し。

 

20歳女子大生。

 

入店後10分間は隙を作る作業。

 

しかし、相手から全くつっこみが来ない。

 

その後、大学の話と恋愛の話を中心に進めるが、あまり反応が返ってこない。

 

本当に、お人形さんみたいだ。表情が動かない。

 

この子、何か特殊な訓練でも受けているのか?

 

 

1時間で退店。

 

実際に楽しんでくれたかどうかは別として、楽しませようという姿勢は貫いた。

 

退店後、すぐにハンドテスト。

 

手ごたえはなかったのに、なぜか握り返してくれる。

 

 

そして、ホテルへ直行。

 

残念ながら、自分には食いつきを判定する「目」が養われていない。

 

だからもう、手ごたえに関係なく、

 

 

全部ホテルに行ったれマインド。

 

 

ホテル前では、恒例の綱引き大会・・・になるかと思いきや、なぜかすんなりとホテルイン。

 

部屋に入ってからは、ソッコーでキス。

 

そして、すんなりとベッドイン。

 

今までの苦労が嘘のように、流れるように最後までいきました。

 

パコパコ。

 

 

コトが終わり、駅まで送っていく。

 

手をつないで、歩く。

 

相変わらず、こちらが黙っていると沈黙が続いてしまう。

 

かと言って、うまく女性から会話を引き出すこともできない。

 

だからずっと、自分のくだらない話をしてました。

 

 

全然笑ってくれないけど。

 

 

もう、泣きたい。

 

 

駅に到着。

 

お別れの挨拶。

 

こちらがバイバイ、と言ったら、

 

 

初めて彼女の表情が動きました。

 

笑顔で「バイバイ。楽しかった。」と。

 

 

おお・・・

 

笑うと、そんな顔だったのか。

 

やっぱり、女性の顔で一番かわいい表情は笑顔です。

 

最後まで引っ張らないで、もっと早よ見せてよ。

 

この顔は、一生忘れられないなぁ。

 

 

その後はWさんと合流。

 

初の即日セクロス達成ということで、祝杯をあげました。

 

今日はお祝いだからおごるよ!というWさんがイケメンすぎる。

 

そして何気に、Wさんがぽろっと「ブラザーが成果を出すと、自分も嬉しい。」と言っていたのが印象的でした。 

 

他人の成功を見て、喜べる人というのはどれだけいるでしょうか。

 

それは、余談。

 

 

ただでさえ嬉しかったのに、師やブラザー達から届く祝福のメッセージ。

  

スキップしたい気持ちを抑えつつ、帰路につきました。

 

 

・・・。 

 

嬉しさのあまり、一人床をローリングしていたのは内緒です。 

 

f:id:yukimasa1801:20170113083733g:plain

 

 

【本日の記録】

活動時間:3時間

声かけ:3

連れ出し:1

即日セックス:1

使用金額:6,500円(カフェバー代、ホテル代) 

 

ナンパをする理由(後編)

ラストです。

yukimasa1801.hatenablog.com

 

 

年が明けて2015年。<28歳→29歳>

 

紹介や合コンの誘いがバンバン来るようになりました。

友人たちからすると、人畜無害な俺は紹介しやすい恰好のネタだったようです。

 

それらには応じるようにしていましたが、なぜか虚しくなるばかり。

 

そこで、全ての誘いを一度シャットダウンして考える時間を設けることにしました。

 

 

そんな折、2015年10月。<29歳>

 

中編で登場した友人H君と久々に会ったら、

本気でナンパに取り組むため、

HNSに入塾したことを知らせてくれます。

 

moezox.hatenablog.com

 

記事にある通り、彼のことを応援。

しかし、この時点ではあらゆる出会いを断っていたので、

「今からHUBで一緒にナンパしようZE!」と誘われても断る始末。

 

ナンパに目覚めるには、もう少し月日を要します。

 

 

そして、2016年。<29歳→30歳>

 

人との交わりを断ったことで、時間ができました。色々と考えます。

 

仕事については、当初の目的を達することができた。

20代という時間を全て使ってしまったが、それを差し引いても、後悔はない。

 

しかし、もし自分の人生が残り1年だとしたら、10年だとしたら・・・

限られた時間の中で、やり残したことは何か?

 

 

ナンパと関係があることに限定すると、3つありました。

 

 

1つ目は、聖のような存在を、本気になれる存在を、もう1度見つけること。

 

自分の場合、紹介、合コンのような出会いでは心が動かなかった。

何と言うか、既製品のように感じてしまった。

 

市販されているテトリスをやっても味気なかったけど、

自分でプログラミングして作ったテトリスには感動した。

 

そんな感じ。 

 

 

そして、2つ目。

 

 

俺は特殊な癖の持ち主だ。

 

裸を見るよりも、メイクのビフォーアフターの方が興奮することに始まり、他にも※△%#やらなんやら。

 

共通の知人がいたら最後、白日の下にさらされちゃう。

だから、これまでは全てを出し切れなかった。

この癖を受け入れてくれる子はほぼいないと予想されるため、数を当たることが必要。

 

 

最後に、3つ目。

 

「あなたには、人の気持ちが分からない。」

 

「あなたは他人をモノとして見ている。」

 

一番大切にしていたつもりの女性に、一番言ってほしくなかった女性に、言われてしまったこの言葉。

これがずっと心に引っかかっていた。

人間として、かっこよくなりたかった。

 

 

友人H君のブログをずっと見ていると、ナンパなら3つともクリアできると思いました。

※以前はドライな印象だったのが、人間味が溢れる感じに。ベジータ的な変わりっぷり。(めちゃくちゃ良い意味)

 

 

以上の経緯で、ナンパを始めるに至ります。

 

 

そして、2017年元日。

 

路上で声をかけた子の一人から、こんなメッセージをもらいました。

 

f:id:yukimasa1801:20170102152711j:plain

 

「落ち込んでいたけど、元気になった。」

 

「声をかけてくれてありがとう。」

 

ナンパを始めてから色々なことがあったけど、今回もらった言葉が一番嬉しかった。

 

そうだ、自分はこんな風になりたかったんだ。

 

 

人に対して、ベホマズンをかけられるような男になろうと思います。

 

これが2017年の目標の一つです。

ナンパをする理由(中編)

続きです。

yukimasa1801.hatenablog.com

 

 

さて、前編から2年経過した2011年の大晦日。<25歳>

 

友人H君に誘われて、生まれて初めてクラブに行きました。

※後の関西HNS支部

 

鼻水を垂らしながらぼけーっ(´・ω・`)

と突っ立っているポンコツに向かって、彼が一言。

 

「ナンパしよう。」

 

これが、ナンパとの出会いでした。

 

H君と一緒に2人組の女性に声をかけます。

 

彼のおかげで、生涯初のナンパは成功。

 

片割れと連絡先を交換しました。

 

黒木メイサ押切もえを足して2で割ったようなルックス。

 

一見怖そうだけど、根は優しい。

 

刺激もあるけど、安心できる。

 

そんな子でした。

 

Airのキャラクターで例えるなら「聖」でしょうか。

 

f:id:yukimasa1801:20161227062323j:plain

 

名雪とはまだ交際していたのですが、聖とも食事に行きました。

 

一方は、他人の力に頼った出会い。

 

一方は、自分が動くことで得た出会い。

 

そんな違いのためかもしれません。

 

俺は後者に魅かれていきます。

 

 

理由は他にあるのですが、結局、名雪とは別れることに。

 

その後、聖に交際を申し込みましたが、玉砕。

 

ただ、振られた後も、聖とはたまに会っていました。

 

 

時は流れていきます。

 

聖をホテルに誘って、路上で説教されたり。

 

聖に彼氏ができたり。

 

俺が東京へ赴任になったり。

 

 

そして、2014年のゴールデンウィーク。<27歳>

 

紆余曲折を経ましたが、聖と無事に交際をスタートさせます。

 

出会ってから2年半が経っていました。

 

 

ここから、充実した時間の幕が開けます。

 

遠距離でしたが、月に2、3回はデート。

 

 

手をつないで京都を散歩したり。

 

貸し切り温泉でほっこりしたり。

 

近藤君貫通事件に際しては、一緒に産婦人科に行ったり。

 

 

幸せとは、こういうことを言うのかと。

 

ずっと一緒にいたいと、思いました。

 

そんな気持ちが天に通じたのか、聖から突然、結婚の話を切り出されます。

 

知り合ってからの期間は長かったのですが、交際開始からまだ半年程度だったのでびっくり。

 

話はとんとん拍子に進み、ご両親に挨拶に伺うことになります。

 

 

ところが、快進撃はここでストップ。

 

日を追うごとに、なぜか聖の態度が変わっていきました。

 

ご両親への挨拶も、友達への紹介も全てキャンセル。

 

そして、最後は電話で振られてしまいました。

 

なんともあっけない幕切れです。

 

 

実は、交際中に何度か聖を怒らせてしまったことがあり、その際に言われたのが、

 

「あなたには、人の気持ちが分からない。」

 

「あなたは他人をモノとして見ている。」

 

という言葉。

 

聖の目には、俺は霧埼京一郎のように映っていたのかもしれません。

※「夜王」に登場する警察庁の官僚。漫画史上最悪のプロポーズとして、以下の1コマはあまりに有名。

 

f:id:yukimasa1801:20161227194633j:plain

 

運よく交際はできたものの、付き合いが深くなるにつれて、致命的とも言える欠点を見抜かれてしまった。

 

そして、ぎりぎりのところで、「こいつは、一生を伴にできる男ではない」と判断されたのかな、と。

 

いま振り返るとそう思います。

 

後編へ続きます。

 

ナンパをする理由(前編)

そろそろ2016年も終わり。

 

5か月前、この街に降りたった時は知り合いがゼロでした。

 

しかし、ナンパのおかげで状況は変わり、クリスマスはイブも本番もセフレたちと楽しい時間を過ごしました。

 

ケ●タッキーのパーティーバーレルを一緒に食べたり。

 

相手のマンションにお邪魔して、のんびりと映画を見たり。

 

もちろん、パコパコしたり。

 

 

ただ、年内は連日10声かけすると決めていたのに、クリスマス以降は急に失速してしまいました。

 

今後の方向性を再確認する意味合いで、なぜ自分がナンパに向き合っているのかを振り返ってみることにします。

 

 

ナンパをする理由。

 

たくさんの女性とセクロスがしたい。

結婚したい。

かわいい彼女を作りたい。

童貞を卒業したい。

周りにいい女を見せびらかしたい。

 

どれも、自分に正直で素敵な理由だと思います。

理由は分かりやすくて、シンプルな方が好きです。

 

 

さて、自分の場合は・・・

 

話は随分昔に遡ります。

 

自分はかなり遅くまで童貞でした。

※語呂が良くないので省きましたが、

 正確なブログタイトルは

 「無職、30歳、セカンド童貞のナンパブログ

 

 

中学・高校時代の青春は皆無。

何の特徴もない、村人Aみたいなやつです。

KanonAirなどKey作品の世界では大暴れしていましたが。

恋愛経験ゼロのまま高校を卒業。

うぐぅ

 

 

2006年の6月。<20歳>

大学に入ってすぐ、塾のアルバイトの同僚と交際したものの、

 

「野宿しながら四国を一周してくるわ。」

 

と言い残して旅に出たせいか、瞬く間に振られました。

童貞卒業ならず。

 

 

その後の大学生活では、

理系特有の実験やらレポート作成やらに勤しんでいる間に、

あっという間に卒業が迫ってきます。

 

あれ、青春は??

 

 

2010年の冬。

23歳で童貞。

かなりヤバい村人Aです。

ここまで来ると、逆に特徴的かもしれません。

 

しかし、それを見かねた優しい先輩が、

バイト先の後輩を紹介してくれることに。

そして、その子と交際をスタートさせます。

 

ふんわりした見た目に、優しい性格。

刺激はないけど、安心できる。

そんな子でした。

Kanonのキャラクターで例えるなら「名雪」でしょうか。

 

f:id:yukimasa1801:20161227053558j:plain

 

大学を卒業する間際に、ようやく童貞も卒業。

かなり遅咲きですね。

めでたしめでたし。

 

しかし、話はここで終わりません。

中編に続きます。