最終話 後日談

 

今日は友達への誕生日プレゼントを買いに来た。

 

デパートを巡り、昼過ぎには必要なものが揃った。

 

まだ日は高いが、帰るか。

 

そう思った矢先。

 

その男は突然現れた。

 

 

 

「買い物中ですか?」

 

なんだこいつ。スカウトか。無視しよう。

 

 

 

「いや、キャッチとかスカウトじゃないですよ。」

 

あれ、違うのか。

 

 

 

「でっかい袋持ってるし。買い物でしょ。」

 

無視しているのに、まだ付いてくる。

 

 

 

「荷物重い?

 

だいぶ、脚がプルプルしてる。

 

一瞬、そこのスタバで休みましょう。」

 

脚がプルプル…つい反応してしまった。

 

 

 

もちろん断ったが、あーだこーだ言っているうちにペースに巻き込まれ、結局この男と一緒にコーヒーを飲んでいた。

 

変な男だ。街で声をかけてきたくせに、不思議な安心感がある。

 

 

 

気づけば、1時間後にはホテルで一緒になっていた。

 

なぜこんなことになったのか、よく分からない。

  

別れ際に、私の方から連絡先を聞いて解散した。

 

 

 

2週間後。

 

この男と再会した。

 

今回は、この男の部屋に泊まった。

 

 

 

ほぼ布団しかない部屋。

 

なんだこれ。ヤリ部屋か。

 

まぁ、いい。

 

小さなキャンドルを一つだけ灯して、体を重ねた。

 

 

 

信じられないくらい殺風景な部屋だが、一緒にいると安らげる。

 

自分の中に芽生えていたある気持ちが確信に変わった。

 

私は神妙な面持ちで話を切りだした。

 

 

 

私「真面目な話していい?」

 

男「うん?」

 

私「好きになっちゃった。」

 

男「まじか。」

 

私「付き合うとか、そんな感じではない?」

 

 

 

誤解がないように言っておくと、私は決して軽いタイプではない。

 

これまでは、何度もデートを重ねて、それでもピンと来ないので、交際を申し込まれても断る、というパターンを繰り返してきた。

 

こちらから告白すること自体、初めてだ。

 

2回目で気持ちを伝えるのは早いとも思ったが、決断は速い方が良い。

 

 

 

部屋が暗くて、男の表情はよく見えない。どうやら、困惑しているらしい。

 

私「ダメ?」

 

男「ダメじゃないけど、まだ2回しか会ってない。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「それを言うなら、私たち出会って1時間でエッチしてる。」

 

 

 

男「たしかに。」

 

 

 

はい論破。

 

 

 

男「俺に誠実さを求めるのはやめてよ。」

 

私「分かってる。」

 

男「しかも、今はブラブラしてるで。ほんまにいいん?」

 

私「声かけてきたのはそっちなんだから、そこは頑張ってよ(笑)」

 

男「はい。」

 

 

 

私「・・・。」

 

 

 

男「・・・。」 

 

 

  

一瞬、沈黙。

 

 

 

 

 

男「これからよろしくお願いします。」

 

 

 

私「よろしくお願いします。」 

 

 

 

 

 

 

 

・・・以上、こちらの記事で登場した子の視点を基にして、交際開始までの経緯を書きました。

 

 

yukimasa1801.hatenablog.com

 

 

 

文章にすると、この一コマなみにあっさりとした感じで軽く見えますが、実際には二人とも真面目なタイプです。

 

f:id:yukimasa1801:20170219001256j:plain

 

また、一度回答に詰まっているくだりがありますが、これは今まで女性から告白された経験がなかったので、単純にびっくりしてしまっただけです。

 

本心では、これからも一緒にいたいと思っていました。

 

 

 

ちなみに、この子は僕が年始に掲げた厳しい(?)条件をすべて満たしています。 

  

それにも関わらず、路上で声をかけてきた怪しい男を選んでくれるあたり、人生というのは面白い。

  

世の中にはこんな番狂わせもある、という今回のお話をもって、本ブログの締めとさせていただきます。

 

 

 

これでナンパは引退… 

 

 

 

ではなく、

 

 

 

彼女により素敵な時間を提供できるように、活動を継続してさらに男を磨きます。

 

ハンドルネームを変えて、改めてひょっこりと出没する予定です。

 

 

 

またどこかでお会いしましょう。

 

 

 

7か月間、ありがとうございました!

 

 

怖いお兄さんに絡まれたら?

 

ナンパは基本的にリスクのない行為です。

 

が、たまにヒヤッとすることもあります。

 

警察を呼ばれたり、彼氏が現れたり。

 

 

 

そして、今回のテーマ。

 

知らない男に絡まれた場合のお話。

 

 

 

遠征先で女性に声をかけて、並んで話しながら歩いていた時のこと。

 

後ろから、ヒゲを生やした硬派な感じの男が追いかけてきました。

 

 

f:id:yukimasa1801:20170216165221p:plain

 

 

女性と僕の間に割り込んできたと思ったら、開口一番

 

「兄ちゃん、なんや?スカウトか?ナンパか?」

 

と聞いてきました。

 

ナンパです、お仕事の邪魔をしたならすみません、と素直に謝ると

 

「ここは全面声かけ禁止や。気ぃつけや。」

 

と言い残して去っていきました。

 

 

 

この人は、おそらくスカウトマン。

 

水商売や風俗業のあっせんを生業とする、女性の扱いのプロです。

 

通常は場所代を払って、自分のテリトリーで声をかけているようです。

 

 

 

超地味な女性しかナンパしません、というのであれば問題ないですが、派手系や綺麗系の女性が好きだと競合相手になってしまいます。

 

彼らが声をかけようとした女性を、目の前でナンパしてしまったらもう、地雷を踏んだ状態。

 

 


対策としては、広く、かつ遠くを見て活動すること。

 

僕自身の反省点です。周りが見えておらず、スカウトマンの存在に気づけなかった。

 

近くしかみていないと、危険を予知できず今回のような事故に遭います。

 

車の運転と一緒。

 

 

 

次に、スカウトマンを発見したら、彼らの前をうろちょろしないこと。

 

これまた僕自身の反省点です。普段なら街全体を一周する感じで歩いているんですが、今回はアーケードの中の一区間を往復していました。

 

そのため、地味なのが僕の武器であるにも関わらず、目立ってしまったようです。

 

 

 

最後に、気をつけていたにも関わらず、もし絡まれてしまった場合は、一言謝って、すぐに立ち去ること。

 

一言だけ謝って瞬間的に逃げれば、相手はこちらに執着できません。

変にシカトを貫いたり、或いは会話が成立してしまうと、執着されます。

 

条例的には彼らがアウト、ナンパがセーフなのだから、ちょっとは言い返せよ(´・ω・)と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、理屈が通じる相手なのであれば、そもそも注意してきたりしないでしょう。

 

ナンパでは、活動できなくなる、というのが一番のリスクなので、その後も妨害されるような対応は避けた方が良いです。

 

 

以上、今回は珍しくナンパにおける負の面を取り上げました。

 

逆に言えば、ナンパで思いつくリスクはそれくらい少ないとも言えます。

 

これからナンパを始める場合であっても、リスク面でのハードルを感じる必要性はほぼゼロです。

 

ベタ惚れしていた子を忘れるには?

 

第0話で登場した聖。

 

僕が、ナンパを始めるきっかけになった女性です。

 

この子にはベタ惚れで、追いかけていた期間はなんと2年以上。

 

振られた直後は、大ダメージを受けていました。

 

yukimasa1801.hatenablog.com

 

 

 

そして、先日。

 

なんと聖から突然連絡がありました。

 

「久しぶり。元気にしてる??」

 

と。

 

 

 

で、このとき僕はどう思ったか。

 

 

 

 

 

 

 

「そういえば、こんな子もいたな。」

 

 

 

もし以前の僕であれば、このチャンスを逃すまいと、再会する約束を必死になって取り付けようとしていたと思います。 

 

 

 

しかし、僕の意識は現在、ナンパで出会ったある女性に向けられています。(これについては改めて記述)

 

加えて、マインド的には、聖と同じくらいいい女をいつでも抱ける、と思えるようになったので執着がなくなったという感じでしょうか。

 

 

 

結果、聖に対する気持ちとしては、

 

「会ってもいいし、会わなくてもいい。」

 

そんな程度です。 

 

 

 

忘れられない子がいたとしても、出会いの数を飛躍的に増やして、自分自身を向上させていけば自ずと解決する、という話。

 

第57話 2月全体講習

 

HNS(ハーバードナンパスクール)全体講習のため、某都市へ。

 

これまで&これからの活動をアウトプットすることができて、さらに色々とアドバイスをいただくことができました。

 

テーマの一つにあったのが、目標と行動計画。

 

目標:2017年12月31日までに、カフェに連れ出した女性10人のうち7人は抱けるようになる

 

行動計画:1日10声かけを月20日以上

→月10人程度とカフェトーク。

音声を録音して、会話内容を見直し

 

残り10か月あるので、100人程度の女性とカフェトークを繰り返します。

 

仮説を立てる→それが合っているか検証する→振り返って向上する、

 

を100回繰り返せば、目標達成できるのではないかという認識。

 

 

 

個人的に、今後の課題はむしろ懇親会で強く感じました。

 

周りを楽しませられていない。

 

「この人と一緒にいるとなぜか楽しい。」という点については、相手が男性か?女性か?というのは関係なく、コミュニケーション力の問題。

 

 

 

場の空気を作っている佐藤さんやブラザーの会話&動きを学ばせてもらったところ、自分の課題は

 

・人の話を真に受けてしまう。

 

・切り返しがふつう過ぎる。

 

・つっこみがない。

 

・相手に対する弄りがない。

 

です。一部、講習でいただいたアドバイスとも重なっています。

 

 

 

会話にメリハリがなく、平坦。

 

キャラクター的に、盛り上げが弱すぎ。

 

どうすれば、この点を向上できるか?については、自分なりに考えてみます。

 

ナンパ=チャラい?

 

肉体関係のある女友達(いわゆるセフレ。街で声をかけた子。)の部屋に遊びに行ってきました。

 

コーヒーを飲みながらのんびりと話した中で、ひとつ印象に残った話があります。

 

 

 

この子が、僕の存在を街コンで知り合った友人(35歳♂)に話したらしいです。

 

※さすがに、肉体関係があることまでは伝えていない。

 

 

 

そして、この友人(35歳♂)の反応は

 

「ナンパしてくる男なんてチャラいから、すぐに縁を切った方がいい。」

 

「俺の知り合いも、ナンパされても絶対に連絡先を教えないし、無視すると言っていた。」

 

「ナンパに付いて行くなんて、ありえない。」

 

という感じで、説教されたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

なるほど。

 

ナンパ=チャラい…。 

 

 

 

本当にそうでしょうか?

 

 

 

街ですれ違って、いいな、と思ったから声をかける。

 

むしろ、シンプルで硬派な行為だと思います。

 

ディズニーの世界でも公認されてますし。

 

yukimasa1801.hatenablog.com

 

 

 

個人的には、街コンという形で、

 

他人やお金の力を借りてまで、女性と出会おうとする彼の方がよっぽどチャラい

 

と思うんですが、どうなんでしょうか。

 

 

第56話 調子は回復

 

先週は、女性に声がかけられない状態に陥ってしまった。

 

が、無事に回復。

 

極端に相手を限定しないで、リズムよく声をかけていくと問題なく動けました。

 

ある女性には

 

「お兄さん、声の張り方が慣れている。(スカウトでしょ、の意味)」

 

と言われたので、普段と同じ感じに戻ったみたい。

 

 

遠目にはすごく魅力的に見える女性でも、実際に声をかけてみるまでは分かりません。

 

髪型とメイクで雰囲気は作れるので。

 

近づいて見ると、全然イメージと違ったな…というのはよくあります。

 

しかし、自分の場合、そこで声をかけるのを中断することを繰り返していると、その後声をかけられない状態に陥ってしまうのを痛感。

 

しばらくは、極端に相手を限定せず声をかけることを続けます。

 

自然な状態で、いつでも、どこでも、誰にでも声をかけられる、という状態が理想ですが、それはもう少し先かな。

 

【2日間の記録】

活動時間:1時間30分

声かけ:12

 

第55話 地蔵にならないためには?

 

2月は「ナンパのために街に出るのではなく、ナンパという行為を日常レベルに落とし込む」という目標を掲げました。

 

 

結果、どうなったか?

 

 

 

 

 

 

 

これが見事にコケました。

 

 

結果が出てきて、美女を即日で抱いた。

 

これからはもう、飛び抜けた美女だけに声をかけよう。

 

そうやって、ストライクゾーンを狭めて、声をかける相手を極端に限定した結果、地蔵になりました。

 

※女性に声をかけたいのに、かけられず、お地蔵さんのように動けない状態。

 

2月1週目の声かけ数は、なんと0。

 

 

僕は、付き合う女性の見た目に関して、以下の条件を掲げています。

 

笑顔がかわいい、歯並びが良い、体毛の処理をしている、すべすべした肌、ほくろ・しみが少ない、唇ぽってり、メイクばっちり、細いor筋肉質、服装はお姉系orセクシー系or清楚系、20歳~30歳

 

「あの子に行こう。あ、でもよく見たら肌荒れしてる。」

 

「あの子に行こう。あ、でも唇がちょっと薄いな。」

 

こんな感じで、選んでは声をかけるのをやめ、選んでは声をかけるのをやめ、を繰り返していたんですよね。

 

すると、理性が強く前に出てきます。

 

ごちゃごちゃと、声をかけない理由を並べ始めます。

 

こうなるともう、動けなくなります。

 

心も身体も重いお地蔵さんの出来上がりです。

 

 

・・・。

 

半年程度でできるような気になって、美女にしか声をかけない。タイミングとしてはまだ早かったのかもしれません。

 

f:id:yukimasa1801:20170205235439p:plain

 

 

云々言いすぎです。

 

そして、云々言えるほど、自分は努力できているのか?

 

インプットの幅を広げる、難しいシチュエーションで声をかけて心の筋肉を鍛える、動画撮影して振る舞いの改善点を検証する、録音して会話の改善点を検証する…やるべきことはたくさんあるのに、できていない。

 

しばらくは基本に戻ります。

 

まずは声をかけないと何も始まらないので、地蔵脱出。

 

極端に相手を限定するのはやめて、リズムをつけて声かけをできるように戻します。

 

【2/1-2/5の記録】

声かけ:0